【2021年版】IT導入補助金が開始!介護事業所での利用ポイントと対象ソフトまとめ!

医療連携体制加算とは?【令和3年度改定】

医療連携体制加算

医療連携体制加算の概要

医療連携体制加算については、医療機関等との連携により、当該医療機関等から看護職員を訪問させ、利用者に看護を提供した場合や認定特定行為業務従事者に対し喀痰吸引等に係る指導を行った場合に算定できるところであるが、障害児者に真に必要な医療や看護を検討して適切に提供しているとは言い難い事例が散見されていることから、算定要件や報酬単価について、必要な見直しを行う。

 

医療連携体制加算の対象事業者

重度障害者等包括支援、短期入所、共同生活援助、自立訓練(生活訓練)、就労移行支援、就労継続支援A型、就労継続支援B型、児童発達支援、放課後等デイサービス

 

 

医療連携体制加算の算定要件は?

医療連携体制加算の算定要件

医療機関等との連携により、当該医療機関等から看護職員を訪問させ、利用者に看護を提供した場合や認定特定行為業務従事者に対し喀痰吸引等に係る指導を行った場合に算定できる。

令和3年度改正により、看護師の手間によって報酬が細分化された。

 

医療連携体制加算の取得単位

短期入所の医療連携体制加算の取得単位

見直し後 現行
イ 医療連携体制加算(I)  32単位
ロ 医療連携体制加算(II)  63単位
ハ 医療連携体制加算(III)  125単位
ニ 医療連携体制加算(IV)(4時間未満)
(1) 看護職員が看護を行う利用者が1人  960 単位
(2) 看護職員が看護を行う利用者が2人  600 単位
(3) 看護職員が看護を行う利用者が3人以上8人以下 480 単位
ホ 医療連携体制加算(V)(4時間以上)
(1) 看護職員が看護を行う利用者が1人  1,600 単位
(2) 看護職員が看護を行う利用者が2人  960 単位
(3) 看護職員が看護を行う利用者が3人以上8人以下 800 単位
ヘ 医療連携体制加算(VI)(8時間以上、高度な医ケア)
(1) 看護職員が看護を行う利用者が1人  2,000 単位
(2) 看護職員が看護を行う利用者が2人  1,500 単位
(3) 看護職員が看護を行う利用者が3人  1,000 単位
ト 医療連携体制加算(VII)  500単位
チ 医療連携体制加算(VIII)  100単位
リ 医療連携体制加算(IX) 39単位
イ 医療連携体制加算(I)  600単位
ロ 医療連携体制加算(II)  300単位
ハ 医療連携体制加算(III)  500単位
ニ 医療連携体制加算(IV)  100単位
ホ 医療連携体制加算(V)  39単位
ヘ 医療連携体制加算(VI)  1,000単位
ト 医療連携体制加算(VII)  500単位

 

重度障害者等包括支援の医療連携体制加算の取得単位

見直し後 現行
イ 短期入所を提供する場合
(1) 医療連携体制加算(I)  32 単位
(2) 医療連携体制加算(II)  63 単位
(3) 医療連携体制加算(III)  125 単位
(4) 医療連携体制加算(IV) (4時間未満)
(一) 看護職員が看護を行う利用者が1人  960 単位
(二) 看護職員が看護を行う利用者が2人  600 単位
(三) 看護職員が看護を行う利用者が3人以上8人以下  480 単位
(5) 医療連携体制加算(V)(4時間以上)
(一) 看護職員が看護を行う利用者が1人  1,600 単位
(二) 看護職員が看護を行う利用者が2人  960 単位
(三) 看護職員が看護を行う利用者が3人以上8人以下  800 単位
(6) 医療連携体制加算(VI)(8時間以上、高度な医ケア)
(一) 看護職員が看護を行う利用者が1人 2,000 単位
(二) 看護職員が看護を行う利用者が2人 1,500 単位
(三) 看護職員が看護を行う利用者が3人 1,000 単位
(7) 医療連携体制加算(VII) 500 単位
(8) 医療連携体制加算(VIII) 100 単位
イ 短期入所を提供する場合
(1) 医療連携体制加算(I) 600 単位
(2) 医療連携体制加算(II) 300 単位
(3) 医療連携体制加算(III) 500 単位
(4) 医療連携体制加算(IV) 100 単位
(5) 医療連携体制加算(V) 1,000 単位
(6) 医療連携体制加算(VI) 500 単位
ロ 共同生活援助を提供する場合
(1) 医療連携体制加算(I) 32 単位
(2) 医療連携体制加算(II) 63 単位
(3) 医療連携体制加算(III) 125 単位
(4) 医療連携体制加算(IV)
(一) 看護職員が看護を行う利用者が1人 800 単位
(二) 看護職員が看護を行う利用者が2人 500 単位 看護職員が看護を行う利用者が3人以上8人以下 400 単位
(5) 医療連携体制加算(V) 500 単位
(6) 医療連携体制加算(VI) 100 単位
ロ 共同生活援助を提供する場合
(1) 医療連携体制加算(I) 500 単位
(2) 医療連携体制加算(II) 250 単位
(3) 医療連携体制加算(III) 500 単位
(4) 医療連携体制加算(IV) 100 単位

 

自立訓練(生活訓練)・就労移行支援・就労継続支援の医療連携体制加算の取得単位

見直し後 現行
イ 医療連携体制加算(I) 32単位

ロ 医療連携体制加算(II) 63単位

ハ 医療連携体制加算(III) 125単位

ニ 医療連携体制加算(IV)
(1) 看護職員が看護を行う利用者が1人 800 単位
(2) 看護職員が看護を行う利用者が2人 500 単位
(3) 看護職員が看護を行う利用者が3人以上8人以下 400 単位

ホ 医療連携体制加算(V) 500単位ヘ 医療連携体制加算(VI) 100単位

イ 医療連携体制加算(I) 500単位

ロ 医療連携体制加算(II) 250単位

ハ 医療連携体制加算(III) 500 単位

ニ 医療連携体制加算(IV) 100 単位

(共同生活援助)
イ 医療連携体制加算(I) 32単位ロ 医療連携体制加算(II) 63単位ハ 医療連携体制加算(III) 125単位ニ 医療連携体制加算(IV)
(1) 看護職員が看護を行う利用者が1人 800 単位
(2) 看護職員が看護を行う利用者が2人 500 単位
(3) 看護職員が看護を行う利用者が3人以上8人以下 400 単

ホ 医療連携体制加算(V) 500 単位

ヘ 医療連携体制加算(VI) 100 単位

ト 医療連携体制加算(VII) 39 単位

(共同生活援助)

イ 医療連携体制加算(I) 500単位

ロ 医療連携体制加算(II) 250単位

(児童発達支援、放課後等デイサービス)

イ 医療連携体制加算(I) 32単位

ロ 医療連携体制加算(II) 63単位

ハ 医療連携体制加算(III) 125単位

ニ 医療連携体制加算(IV)(4時間未満)
(1) 看護職員が看護を行う利用者が1人 800 単位
(2) 看護職員が看護を行う利用者が2人 500 単位
(3) 看護職員が看護を行う利用者が3人以上8人以下 400 単位

ホ 医療連携体制加算(V)(4時間以上)
(1) 看護職員が看護を行う利用者が1人 1,600 単位
(2) 看護職員が看護を行う利用者が2人 960 単位
(3) 看護職員が看護を行う利用者が3人以上8人以下 800 単位

ヘ 医療連携体制加算(VI) 500単位ト 医療連携体制加算(VII) 100単位

(児童発達支援、放課後等デイサービス)

イ 医療連携体制加算(I) 500単位

ロ 医療連携体制加算(II) 250単位

ハ 医療連携体制加算(III) 500単位

ニ 医療連携体制加算(IV) 100単位

ホ 医療連携体制加算(V) 1,000単位

ヘ 医療連携体制加算(VI) 500 単位

 

▼令和3年度改正情報はこちら
令和3年度改正情報まとめ【令和3年度改正】障害福祉サービス等報酬改定情報まとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA