【2021年版】IT導入補助金が開始!介護事業所での利用ポイントと対象ソフトまとめ!

理学療法、作業療法及び言語聴覚療法に係る加算とは?【令和3年度改定】

理学療法、作業療法及び言語聴覚療法に係る加算とは?【令和3年度改定】

理学療法、作業療法及び言語聴覚療法に係る加算の概要

自立支援・重度化防止に向けた更なる質の高い取組を促す観点から、訪リハ・通リハのリハビリテーションマネジメント加算(I)を廃止し、基本報酬の算定要件とする。VISITへデータを提出しフィードバックを受けPDCAサイクルを推進することを評価する取組を老健施設等に拡充されました。

 

 

理学療法、作業療法及び言語聴覚療法に係る加算の対象事業者

介護医療院

 

理学療法、作業療法及び言語聴覚療法に係る加算の算定要件は?

理学療法、作業療法及び言語聴覚療法に係る加算の算定要件

  • 医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等が協働し、リハビリテーション実施計画を入所者又はその家族に説明し、継続的にリハビリテーションの質を管理していること。
  • 入所者ごとのリハビリテーション計画書の内容等の情報を厚生労働省に提出し、リハビリテーションの提供に当たって、当該情報その他リハビリテーションの適切かつ有効な実施のために必要な情報を活用していること(CHASE・VISITへのデータ提出とフィードバックの活用)

 

理学療法、作業療法及び言語聴覚療法に係る加算の取得単位

33単位/月

 

▼令和3年度介護の改正情報はこちら
【令和3年度改正】介護保険報酬改定情報まとめ【令和3年度改正】介護保険報酬改定情報まとめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA