【2021年版】IT導入補助金が開始!介護事業所での利用ポイントと対象ソフトまとめ!

障害福祉、療養食加算の要件が見直し。【令和3年度改定対応】

療養食加算の算定要件が見直し

療養食加算の見直しの概要

経口移行加算及び経口維持加算について、咀嚼能力等の口腔機能及び栄養状態を適切に把握しつつ、口から食べる楽しみを支援するための多職種による取組プロセスを評価するよう見直されます。

これまでは経口移行加算または経口維持加算を算定している場合は算定できませんでしたが、同時に算定出来るようになり、栄養士以外にも管理栄養士でも算定可能になりました。

 

療養食加算の算定要件は?

療養食加算の算定要件

見直し後 現行
管理栄養士又は栄養士が配置されている指定障害者支援施設等において、別に厚生労働大臣が定める療養食を提供した場合に、1日につき所定単位数を加算する。 栄養士が配置されている指定障害者支援施設等において、別に厚生労働大臣が定める療養食を提供した場合に、1日につき所定単位数を加算する。ただし、この場合において、経口移行加算又は経口維持加算を算定している場合は、算定しない。

 

▼令和3年度改正情報はこちら
令和3年度改正情報まとめ【令和3年度改正】障害福祉サービス等報酬改定情報まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA